大本育英会概要事業計画事業報告情報公開開示

大本育英会概要

設 立 昭和37年1月11日 株式会社大本組創業者 故大本百松の遺志により、
その遺産の一部を基金として設立
目 的 岡山県出身の学生で、心身健全、学力優秀かつ経済的に困窮する者に奨学金を支給し、将来社会に貢献し得る人材を育成する。
支給対象 岡山県出身の、高校・高専生及び大学生ならびに岡山大学の大学院生
募集方法 【大学院生】
 岡山大学大学院に在籍する学生で、博士課程に進学する意思のある者(又は
 博士課程1年に在籍する者)を対象とし、毎年10月初旬頃、岡山大学に対し
 て募集を依頼する。(取りまとめ窓口:岡山大学学務部学生支援課)

【大学生及び高専・高校生】
 岡山県内の高等学校及び中学校に在籍する生徒で、翌年度に大学または
 高専・高校に進学予定の者を対象とし、毎年10月中旬頃、岡山県内の主要な
 普通科高等学校及び岡山・倉敷市内の中学校に対して募集案内を送付する。
応募資格 【大学院生】
 次の条件を満たす者であること。

1.日本国籍を有し、岡山大学大学院に在籍していること
2.次のいずれかに該当し、大学に申請して学長推薦を受けること
 ア.修士課程1年次に在籍し、修士課程修了後に博士課程へ進学を希望する者
   (支給は修士課程2年次の1年間とし、その者が博士課程に進学した場合
   はさらに博士課程の1年次にも支給する)
 イ.博士課程1年次に在籍する者(支給は博士課程2年次の1年間)なお、
   5年一貫制博士課程1年次に在籍する者は前記アに該当する者に準じて
   取扱う。
3.本人の前年所得が340万円以下であること(但し、その前年所得が企業等
  からの給与であり、当該企業等を退職または休職して大学院に入学したた
  め、当該給与を得られなくなった場合は応募可)

【大学生及び高専・高校生】
 応募資格は次の条件を満たす者で、学校長推薦を経て応募する。(各学校
より2名以内)

1.現役に限る(大学の奨学生は高校3年次に、高校・高専の奨学生は中学校
  3年次に募集)
2.岡山県に本籍を有し、住所を有する者(10年以上岡山県内に住所を有する
  者は同一の扱いをする)
3.品行方正、思想穏健であること
4.学業成績優秀であること(5段階評定平均 中学:3.7以上 高校:4.5以上)
5.身体精神健全であって成業の見込みがあること

募集定員・
給付額
「事業計画」をご参照ください。
問合せ先 高校生・中学生は、在籍する中学校・高校の奨学金担当の先生
岡山大学大学院生は、岡山大学学務部学生支援課
もしくは大本育英会事務局086-225-5131(株式会社大本組総務部内)まで